健診のお問合せ・お申込みはこちら »

TEL.0570-550302

理念・基本方針・健康経営宣言日本健康増進財団の理念・基本方針
私たちからのメッセージ

理念・基本方針・健康経営宣言

理念
  • 私たちは、国民の健康維持・増進を図り、公衆衛生の向上と活力ある社会の実現に寄与します。
  • 私たちは、たゆまぬ意識改革を行い、受診者の立場に立ち、懇切丁寧な質の高い健康診断を実施します。
  • 私たちは、法令・規律を守り、職員相互の理解と尊重に努め、健全経営のもと秩序ある職場文化をつくります。
  • 私たちは、国民の健康維持増進のために、あらゆる機会を通じて普及・啓発を行い、また職員の教育研修推進に努めます。
基本方針
  • 1)健診サービスの品質向上を図るため、次に掲げる施策を講じ、外部精度管理事業などに積極的に参加し、健診機関としての機能評価等の認証を継続的に取得していきます。
    • ① 健診業務の精度管理向上に一層の取り組みを行います。
    • ② 受診者の重症化予防に貢献する、効果的な健診システムの構築に努めます。
    • ③ 個人情報の保護対策、リスクマネジメントの実施により、情報のセキュリティと受診者のプライバシー保護の徹底を図ります。
  • 2)事業運営にあたっては、法令ならびに関連学会ガイドライン等を遵守し、健診の公益性も大切にします。
  • 3)職員の福祉の充実を図るとともに、個人の能力を最大限に発揮できるよう、時代に即応した人材育成に努めます。
  • 4)廃棄物処理を適正に行い、環境保全に努めます。
健康経営宣言
当財団は、財団設立の理念に基づいて、国民の健康維持・増進を図り、公衆衛生の向上と活力ある社会の実現に寄与します。当財団の基幹事業である健康管理事業には、それに携わる職員一人ひとりの健康と笑顔と自信が基盤となります。そのため、職員への教育研修の推進や職員相互の理解と尊重に努め、家族をも取り込んだ、活力ある職場環境を創って参ります。これからも、「健康経営」をさらに推し進める戦略の1つとして、職員が働きやすく活躍できる職場環境の実現に取り組み、健康的な明るさと笑顔で受診者様に真剣に向き合い、事業所様へのご提案を進めて参ります。
宣言した重点事項
  • ①健康診断受診後のフォローの徹底(重症化・発症予防、保健指導等を含む)
  • ②長時間労働者への対応
  • ③職場の活性化に向けた取り組み
  • ④女性の健康保持・増進に向けた取り組み
執行役員と次長以上で構成する運営会議、安全衛生委員会、診療所、健康支援室が連携して具体的に健康維持・増進に取り組み、その成果を検証して改善を進め、より良好な職場環境を整備してまいります。